VisualEyes 515/525

ビデオ眼振検査装置(VNG/VOG)

めまい平衡機能を評価するためのビデオ眼振検査装置です。自発眼振検査、頭位眼振検査、頭位変換眼振検査(Dix-Hallpike)、温度刺激検査(カロリック検査)、そして各種眼球運動検査(VOG)を実施することができます。

ウェブによるリモート面談も承っておりますので、ぜひご利用ください。ドラフト

お問い合わせをする  リモート面談を申し込む

このホームページ(www.diatec-diagnostics.jp)は、弊社の販売する製品やサービスに

関する情報を、医療関係者(医師・看護師・医療機器販売店等)の方に提供することを

目的として作成されており、一般の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

あなたは医療関係従事者ですか ?

製品の特長:

  • 専用ソフトウェアを用いたビデオ眼振検査装置です。
  • VisualEyes 515では眼振検査(VNG)を実施できます。
  • VisualEyes 525では眼振検査(VNG)と眼球運動検査(VOG)の両方を実施できます。
  • 眼の映像と波形を同時に確認しながら検査することが可能です。
  • 眼球運動や検査風景を録画・保存できます。
  • リモコンによる遠隔操作が可能です。
  • ゴーグル内における固視灯は自動制御されます。手動制御も可能です。
  • 検査結果をPDF形式で出力できます。
  • 検査プロトコルを独自に作成・設定できます。
  • VisualEyes 3.0では、VORETQ 診断、VORTEQ 評価、EyeSeeCam vHITをオプションで追加することができます。

検査項目:

自発眼振検査、頭位眼振検査、頭位変換眼振検査、温度刺激検査(カロリック検査)、注視眼振検査、追跡眼球運動検査(ETT)、急速眼球運動検査(サッケード)、視運動性眼振検査(OKN)、反対眼球回旋(OCR)、Saccadometry、AHR、VORTEQ vHIT、頭位変換眼振検査-詳細、LHR、DVA、EyeSeeCam vHIT
(一部オプションとなります。詳細についてはお問合せください。)

 

対応データベース:

OtoAccess

 


医療機器認証番号:225AKBZX00031000

 

 

 

その他の前庭機能検査装置:

Eclipse(エクリプス)- VEMP:PCベース型の複合機で、VEMP検査(cVEMP、oVEMP)を実施できます。VEMPのほかにABR、ASSR、OAE、自動ABR検査モジュールを搭載可能です。

VisualEyes SeeCam vHIT:軽量ゴーグルを用いたビデオヘッドインパルス検査装置です。vHIT (Lateral、RALP、LARP、SHIMP)を実施できます。