雑音下聴取能を数値化する測定法、「ACT:アクト(Audible Contrast Threshold)」の販売開始について

2024年1月18日


ダイアテックカンパニーはインターアコースティクス社が開発した平均約2分で雑⾳下聴取能を測定し数値化できる「ACT︓アクト (Audible Contrast Threshold - 可聴コントラスト閾値)」(以下、ACT)を、2024年1⽉18⽇(⽊)より発売いたします。測定結果のACT値は、騒がしい環境での補聴器ユーザーの聴取をサポートする補聴器機能の設定に活⽤していただくことが可能です。

  

お問い合わせをする

ACTはインターアコースティクス研究ユニット(IRU)※1 の⻑年にわたる研究により開発されました。純⾳を刺激⾳として⽤いる従来の聴⼒測定では、被検者の聴⼒閾値(聞こえる⼀番⼩さい⾳)を測定しますが、ACTではこの聴⼒閾値を考慮し、各被検者の閾値上レベル、つまり聞こえるレベルでヘッドホンから刺激⾳を呈⽰し、雑⾳下聴取能を客観的に測定することが可能になります。通常の純⾳聴⼒測定では聞こえの量(静かな環境での聞こえの程度)を測定するのに対し、ACTでは聞こえの質(騒がしい環境での聴取能)を測定することで、被検者の実際の聴⼒を反映した補聴器の設定(フィッティング)が可能になります。

 

●ACTホワイトペーパーをダウンロードする(日本語)

●ACT Complete Guide ページへ(英語)

 

研究によると補聴器ユーザーの約86%が、騒⾳の中で⼈の話を聞いたり理解したりするのに苦労していると報告されています。※2  1世紀以上にわたり、補聴器フィッティングは純⾳聴⼒閾値に基づいて⾏われてきたため、これらの訴えを完全に解決することはできませんでした。今回のACT導⼊により、インターアコースティクス社は従来の純⾳聴⼒検査の枠を超え、難聴がある⽅の悩みである「騒がしい状況での会話の聞こえ」という課題にようやく対処できるようになりました。ACTでは被検者独⾃の測定結果が数値で得られるので、このAC T値を補聴器フィッティングの際に参照し活⽤することで、雑⾳下聴取を⽀援する補聴器機能の初期設定(ファーストフィット)の向上に役⽴てることが可能です。

 

ACTは、Affinity Compact(アフィニティーコンパクト)製品に標準装備され、様々な補聴器の⾼度な機能のフィッティングを迅速かつ効率的にサポートできます。さらに、雑⾳下での聞こえを事前に予測することで補聴器フィッティングの結果について、より的を絞ったカウンセリングが可能になります。

 

インターアコースティクス社のシニアプロダクトマネージャーOle Lundsgaard⽒は、次のように説明しています。

「ACTは被検者の⾔語を問わない刺激⾳を使⽤します。これは被検者のオージオグラムを適⽤して刺激強度を調整するため、真に被検者に個別化された測定法と⾔えます。このようにして、実際の雑⾳下聴取能を反映した堅牢な評価を提供することができます。⻑年にわたる ACTの研究・開発を通して我々インターアコースティクス 研究ユニット(IRU)※1   は補聴器の新しい標準ケアの可能性を提⽰し、補聴器装⽤者の満⾜度を向上させるための新しい⽅法を探求してきました。

●ACTフライヤーをダウンロードする

 

  

 

Audible Contrast Threshold(ACT)  の主な特長

  1. 早くて簡単
    • 測定時間は平均約2分。効率的な測定が⾏えます。
    • 従来のAffinity Compact(アフィニティーコンパクト)製品に搭載され、純⾳聴⼒検査と同じく、ヘッドホンと被検者応答ボタンという簡単な構成と⼿順で測定できます。

  2. 被検者の⾔語は問わない
    • 被検者の⺟国語や⽅⾔に関係なく、世界中すべての被検者に対応できます。

  3. 個別の聴覚ケアに対応
    • 被検者の純⾳聴⼒測定から得られた聴⼒閾値を基に閾値上の⾳圧で刺激⾳を呈⽰するため、補聴器装⽤に近い状態での雑⾳下聴取能の評価が得られます。
  4.  

    ●ACT測定方法(Affinity Compact)をダウンロードする

    ●ACT FAQ(よくある質問)をダウンロードする

     

    ※1:IRU (Interacoustics Research Unit ) は2014年に設⽴され、聴覚技術分野における製品化前段階の研究プロジェクトに取り組んでいます。聴覚電気⽣理学、ワイドバンドティンパノメトリー、⽿⾳響放射などの応⽤および臨床プロジェクトに重点を置いています。IRUのオフィスはデンマーク⼯科⼤学(DTU)内にあり、聴覚学と聴覚科学の基礎的な進歩を⽤いて聴覚医療の専⾨家が直⾯する現実的な課題の解決に役⽴てることをミッションとして活動しています。

    ※2:Manchaiah, V., Picou, E. M., Bailey, A., & Rodrigo, H. (2021). Consumer ratings of the most desirable hearing aid attributes. Journal of the American Academy of Au diology, 32(8), 537-546.
    Beck, D. L., Ng, E., Jensen, J. J. (2019). A scoping review 2019: OpenSound navigat or. The Hearing Review 26(2), 28-31

 

ニュースレターに登録する

act_test_7415_300x200

このホームページ(www.diatec-diagnostics.jp)は、弊社の販売する製品やサービスに

関する情報を、医療関係者(医師・看護師・医療機器販売店等)の方に提供することを

目的として作成されており、一般の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

あなたは医療関係従事者ですか ?