AC40

臨床研究用オージオメータ

完全独立2チャンネルのため、刺激音とノイズを自由に組み合わせて左右のトランスデューサーやスピーカーも任意に選択して呈示することができ、臨床研究にもご使用いただけます。小児や検査が難しい患者の検査にも対応し、内耳性・後迷路性難聴の鑑別にも役立ちます。また、骨導検査ではインサートイヤホンを使用したマスキングも可能です。本体もしくはPCを介して機器本体を操作することができます。

お問い合わせをする

製品の特長:

  • 専門検査を幅広く搭載した臨床研究用のハイブリッド型オージオメータです。
  • ハイブリッド型では本体の操作パネルとPCでの制御が可能となります。
  • 完全独立2チャンネルにより刺激音やノイズ、トランスデューサーを任意に選択し、自由に組み合わせて検査を実施することができます。
  • 高周波数検査では最大20kHzまで測定できます。難聴の早期発見、聴器毒性モニタリング、耳鳴ピッチマッチなどに有効です。
  • 小児聴力検査向けの周波数特異性の高い特殊な刺激音、「小児用ノイズ」を搭載しています。
  • すべてのトランスデューサー(ヘッドホン、インサートイヤホン、高周波数検査用ヘッドホン、骨導レシーバー)を本体に同時接続でき、接続端子を都度差し替える必要がなく、本体のボタンで切り替えるだけで使用できます。
  • インサートイヤホンは、マスキングでも使用可能です。
  • HDMI出力で大型モニターに接続することができ、カウンセリングなどに活用できます。

検査項目:

純音聴力検査(気導、骨導、音場)、語音聴力検査(内蔵語音)、高周波数検査(HF)、多周波数検査(MF)、SISI検査、ABLB検査、自動聴力検査(Hughson Westlake)、自記オージオメトリー(Békésy)、Tone Decay検査、マスキングレベル差(MLD)、TEN検査、ウェーバー検査、ステンゲル検査、ロンバール検査、Tone in Noise検査、Speech in Noise検査、QuickSIN(オプション、検査音源は英語のみ)

 

対応データベース:

OtoAccess、Noah

 

 
医療機器認証番号:229AIBZX00018000

 

その他のオージオメータ:

AD528:シンプルで使いやすいスタンドアローン型のオージオメータです。基本検査(気導・⾻導・語⾳)を標準で搭載し、専門検査はオプションで追加いただけます。

AD629:本体またはPCからも操作ができ、語音検査音源の内蔵も可能です。データベースはOtoAccessまたはNoahをお使いいただけます。

Affinity Compact(アフィニティーコンパクト)- AUD:聴力測定のほかに補聴器に関連した測定項目(補聴器特性測定/実耳測定/ビジブルスピーチマッピング)を自由な組み合わせで搭載可能なPCベース型の複合機です。

Callisto(カリスト)- AUD:聴力測定に加えて補聴器に関連した測定項目(補聴器特性測定/実耳測定/ビジブルスピーチマッピング)を自由に搭載できます。省スペース設計により机上スペースを有効活用できます。電源はUSBより供給されます。

MA25:シンプルな操作が特徴のスクリーニング用オージオメータです。単三電池またはACアダプター(オプション)で動作します。

 

オプション:

VRA遊戯ボックス:視覚強化式聴力検査装置で、小児が検査により集中できる検査が実施できます。