日本語の音響的特徴に基づいた補聴器の増幅理論 ー日本語を母語とする補聴器ユーザーへー

2021年6月24日

 

ダイアテックカンパニーが所属する、デマント・ジャパン株式会社で補聴器事業を行うオーティコン補聴器は、九州大学大学院芸術工学院教授(現、名誉教授)白石君男先生とOticon A/S(デンマーク本社)との共同研究で、2014年より日本語の音響的特徴を考慮した補聴器フィッティング理論の基となる基礎研究を実施してきましたが、この度、研究成果を論文「Amplification rationale for hearing aids based on characteristics of the Japanese language」として発表いたしました。オーティコン補聴器によるプレスリリースはこちらからご確認ください。

 

 

 

ニュースレターに登録する

oticon_counselling_ml_2999-300x159