取扱製品
オージオメータ
インピーダンス
ABR
ASSR
OAE
VEMP
補聴器適合検査
実耳測定
補聴器特性検査
補聴器クリーニング

AC40

AC40について

オージオメータAC40は完全独立2チャンネルのため、刺激音とノイズを自由に組み合わせて左右のトランスデューサーやスピーカーも任意に選択して呈示することができ、臨床研究にもご使用いただけます。
小児や検査が難しい患者の検査にも対応し、内耳性・後迷路性難聴の鑑別にも役立ちます。
また、機能性難聴、詐聴の検査やより精密な耳鳴検査にもご活用いただけます。
すべてのトランスデューサー(ヘッドホン、インサートホン、高周波数検査用ヘッドホン、骨導レシーバー)はバックパネルの専用接続口に同時接続することができ、本体のボタンでトランスデューサーを切替えることにより、都度接続端子を差し替える手間がかかりません。また、骨導検査ではインサートホンを使用したマスキングも可能です。

 

 

 

新しい検査刺激音「小児用ノイズ」について

条件詮索反応聴力検査(COR)や視覚強化式聴力検査(VRA)などの小児聴覚検査および音場検査において、通常日本ではワーブルトーンが検査刺激音として使用されていますが、それに加えて新しい刺激音である小児用ノイズもご使用いただけるようになりました。ナローバンドノイズに比べて周波数特異性が向上したため、より正確な閾値が得られると言われています。

 

 

 

AC40の主な特徴

1. 完全独立2チャンネル

・刺激音やノイズを任意に選択し、自由な組み合わせで呈示することができます。
・トランスデューサーも自由に組み合わせることが可能です。
・臨床研究にもご活用いただけます。
・完全に独立した2チャンネルにより実施可能な検査の幅が広がりました。

2. 新検査刺激音の小児用ノイズを搭載

・小児聴覚検査時に新しい刺激音として高い周波数特異性を持つ小児用ノイズをご使用いただけます。

3. 幅広い検査項目

・閾値上検査、マスキングレベル差(MLD)やステンゲル検査などの特殊検査を含んだ幅広い検査が実施可能です。

4. トランスデューサーの同時接続

・すべてのトランスデューサー(ヘッドホン、インサートホン、高周波数検査用ヘッドホン、骨導レシーバー)
 を本体に同時接続できます。
・本体のボタンで切替えることにより接続端子を都度差し替える必要がありません。

5. 語音検査音源 (内蔵)を標準搭載

・「補聴器適合検査の指針 2010」語音検査用音源CDが標準で内蔵されているため、
 外付けCDプレイヤーが不要で、入力音を校正する必要もありません。
・スピーチオージオグラムが自動生成されます。

6. HDMI出力

・本体と外部モニターを直接接続して、本体画面を別モニターに表示することができます。
・大画面を使用し被検者に検査結果を説明したり、カウンセリング時にご活用いただけます。

 

 

主な検査項目

・純音聴力検査(気導/骨導、マスキングあり)
・語音検査
・音場検査
・高周波数検査
・補聴器シミュレーター(MHA)
・難聴シミュレーター(HLS)
・ABLB検査
・ステンゲル検査
・SISI検査
・自記オージオメトリー
・Tone in Noise検査
・自動聴力検査
・マスキングレベル差(MLD)
・マルチ周波数検査(MF)
・Tone Decay 検査
・Weber検査